FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これくらいで消毒しません。

P8310108_convert_20110831231721.jpg
中央のきゅうりの上の方、「ウリハムシ」という害虫に食われたものです。

この位の食害で農薬を使う必要がありますか?

P8310112_convert_20110831231757.jpg
現在のきゅうりの葉です。

最近、肥料切れと、日照不足で「ベト病」がでています。

これも農薬を使わず、施肥で様子を見ます。

①微生物がいっぱいの堆肥(放射能検査済み)
②炭水化物の多い、有機肥料
③光合成盛んにする苦土肥料
④そのほか、ホウ素、マンガン、鉄などのミネラル肥料。
⑤水遣りの時に食酢を注入します。

以上の対策をします。

これも7月下旬の大雨による冠水の為、浅根になったのが原因かな?
                       
                   by  父
スポンサーサイト

1度はあきらめた。

P8270028_convert_20110828235637.jpg
P8270027_convert_20110828235602.jpg
7月下旬の大雨のとき、2日間の冠水がありました。

その後、1週間はぬかるんで入れなく、
仲間から、「このきゅうりはもうだめだ」と言われましたが、
その後の管理で、今は最盛期になりました。

自根の為、皮は柔らかく、きゅうり独特の風味がある、
ブルームきゅうりです。

炭水化物や微生物の補給がうまくいったのかなと、思ってます。
                
                  by  父


今回のきゅうりも、買って食べて下さったかたから、
「とってもおいしい」と言っていただけました
                  by aidukko

追記・・・・

きゅりの表面が白いのは農薬ではありません。

暑さを守る為、きゅうり自ら白い物質を出しているのです。

昔は皆、このようなきゅうりでした。

だからおいしかったのです。

                  by 父

じゃが芋の収穫機

P8160102_convert_20110819005246.jpg
頼りになるじゃが芋の収穫機をリースしました。

P8160098_convert_20110819005332.jpg
自走式で、3~4人で乗ったまま、だいたいの選別ができます。

P8160100_convert_20110819005411.jpg
簡単な操作で便利な機械です。

感謝 感謝!!


                by 父

ミニかぼちゃ。

P8160090_convert_20110819005157.jpg
ミニ南瓜(坊ちゃん)を収穫しました。

本年初めての栽培でしたが、何とか収穫できました!!
   
                     by 父

只見川・・・その後

P8160094_convert_20110818005359.jpg
7月下旬の大雨による只見川です・

ここ、カメラスポットになっているところです。

本来、右の草の茂っているところが、川面でしたが、
川のそこの土砂が流され、このようになってしまいました。

自然の力の大きさに、驚かせられます。

ここの、上流、下流の発電所のダムは、土砂でゲートが
しまらなくなってしまったそうで、発電がストップしています。

                          by 父

漬物用なす。

P8130025_convert_20110816220433.jpg
連日の好天続きで茄の収穫が間に合いません。

この茄、8cmで収穫する、漬物用の加工茄です。

15~20cmになっています。

急がなくては!!

がんばります。
 
                 by 父

きゅうり収穫!

P8130084_convert_20110813233839.jpg
P8130083_convert_20110813233916.jpg
7月下旬の大雨にあたったきゅうりを本日より収穫を始めました。

一時は」このきゅうりはダメになると思われましたが、
酵母菌の培養液や、食酢による炭水化物の投入により、
もう大丈夫!!


P8130087_convert_20110813233953.jpg
P8130088_convert_20110813234029.jpg
P8130089_convert_20110813234105.jpg
秋いんげんは、半分は大丈夫です。

7月下旬の大雨のかん水による、根腐れで半分は枯れました。

本日、通路を中耕培土しました。

9月よりの収穫を期待します。

                     by  父

農場見学会参加。

P8080050_convert_20110809175319.jpg
夏野菜の収穫と秋野菜の作付けなど忙しい毎日ですが、
毎年この時期に、長野、群馬の有機農業仲間6人と、
長野県松本市にある、自然農法国際研究開発センターの
農場見学会に参加してきました。


P8050026_convert_20110809175426.jpg
きゅうりの種取り畑、中央がささげを作り、来年ここに、きゅうりを
無農薬でつくるそうです。

当農園でも作った「上高地」「バテシラズ三号」もありました。


P8050027_convert_20110809175503.jpg
P8050028_convert_20110809175540.jpg
昔懐かしい、地方在来種です。

最近「昔のような、味のあるものがほしい」ということで
直売所では人気があるということです。

来期への課題です。


P8050033_convert_20110809175621.jpg
P8050035_convert_20110809175700.jpg
キャベツ畑です。

有機肥料と科学肥料を使い、それぞれ、病害虫の影響をみているとのことです。


P8050037_convert_20110809175739.jpg
P8050038_convert_20110809175812.jpg
写真ではわかりずらいですが、実はものすごく下のほうについてます。

有機肥料の施肥時期より実を普通より下方につけることにより、
アワノメイガの食害や、風での倒伏を防ぎ、しかも大きい穂にする
施肥技術です。


P8050039_convert_20110809175848.jpg
緑肥マルチによるダイズ栽培の様子です。

当農園では、枝豆を作っているのでなんとか応用してみたい。


まだまだ、参考になるところがいっぱいあり、書ききれません。

毎年新しいことの発見です。

来年も楽しみです。

                     by  父

大雨被害のお見舞い。

毎年稲苗を買って頂いてる、金山町のおばちゃん3人の家に、
今回の大雨による被害の、お見舞いに行ってきた。

1軒目のおばちゃんは、家も田も少し高台にある為被害なし。

ボランティアで、近所のかたずけの手伝いに行って留守だった。

P8010014_convert_20110802004523.jpg
P8010015_convert_20110802004557.jpg

2軒目、家は被害なしだったが、田んぼはどこへいった?

まるで川原のようになってしまった。


3軒目、家は1階の天井まで水につかる・・・

カメラで撮影する気にならなかった。

田は少し、泥が入っているが、稲は助かりそうだ。

P8010019_convert_20110802004634.jpg
これは本名発電所だが、このゲートの上を水が越えた。

このダムのすぐ下流にある鉄橋が流された。
P8010016_convert_20110802004712.jpg
川の中にあるのが、鉄橋の残骸です。

このまた、下流の鉄橋もごらんのような有様です。
P8010021_convert_20110802004746.jpg

ここ金山町では、このほか、もう一つ鉄橋が流され、計三つの鉄橋が落ちました。

今日8月1日、県知事も視察に見えられたそうです。

改めて自然の恐ろしさを知りました。

今年の福島県はどうなっているのでしょうか?

台風9号も心配です。

                            by 父

連日の大雨。

P7310068_convert_20110802003110.jpg
7/31の磐梯山。

もう雨はあがったようです。

会津地方に甚大なる被害をもたらしました。


P7310072_convert_20110802003215.jpg
当農園も数日に及ぶ曇天続きの為、トマト、茄、きゅうり等に
ウドンコ病が、出ています。

至急、炭水化物の補強により、光合成の不足分を補なわなければなりません。

とりあえず、食酢を使います。

その後、酵母菌の培養液、納豆菌などを使い、
土壌の物理性の改善を行います。

                              by 父
プロフィール

aidukko2010notiti

Author:aidukko2010notiti
「食べておいしい野菜を手間隙惜しまず作っています。土作りも一作毎に土壌検査をして必要なものだけを施肥しています。」という福島県在住のaidukkonotitiです。

最新記事
ようこそ!!
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。